肝を冷やした話



そりはちょうど一年ほど前のできごとでごんす!

ボスは買い物のため20分くらい家を空けた
ボスが帰って来て周りを見回すと一匹足りない・・・
誰がいないのかはすぐ解った
体の小さいベリーでごんす

すかさずボスは寝室に走った・・・いない
トイレを見て洗面所を見てそしてお風呂を見た・・・いない
階段を上がってロフトを見た・・・ここにもいない
KAZUの部屋・ボスの書斎を見てベッドの下も確かめた・・・やっぱりいない

ボスの顔が青ざめていった
必死に“ベリーベリー”と叫ぶボス
もしかしたら出かけるときにいっしょに外に出てしまったのかも?と思うボス
家の周りを走り回った・・・それでもいなかった

心臓をバクバクさせながら家に戻ってきたボス

額から汗を流しながらほとんど半狂乱に近かったボスだったのだ・・・



少し落ち着こうと思ったその時
居間の片隅に置いてあったバッグに目が行った
そこには白いものが・・・



ボスは腰をぬかしたのだ!



ボスがあんなに叫んでいたのにバッグの中で熟睡していたベリー

ポーラーに起こさりてやっと目を覚ましたのでごんす



この事はボスの人生の中で“一番肝を冷やしたできごと”だったのだ

ボスが最後に叫んだのは
“お前ら何で黙って見てたんだよ~~ッ!!”でごんす

あ~~あッ・・・




フレンチブルドッグひろば
素敵な出会いが待ってるのだ

“肝を冷やした話” への9件のフィードバック

  1. びびのおかやん より:

    ベリー嬢、バッグの中のボスの香りに包まれて安心しきってねむねむだったのですね~(笑)かーわーいーいー(≧▽≦)

  2. jojo より:

    すんまてん。ボスの慌てぶりを想像して、最後~声出してワロタ w
    それにしても、ご心中お察し致します。
    数年前~ソチラにお邪魔した時、帰る間際のチッコタイム
    黒いこまめが柵の隙間から脱走~時間は夕暮れ 黒くて見えない
    あの時の事が未だトラウマで、今でも思い出すと手が震え心臓バクバク
    こまめには‘黙って何処にも行くな!おかーさんの傍から離れちゃダメ!’と、毎日言い聞かせておりまつ(笑)

  3. ぶーたん より:

    ボスの慌ててる姿を想像したら
    笑ってしまったのだ〜
    それにしても ベリーちゃんはかわいいのだ〜

  4. 女子です より:

    想像してしまった!

    何事もなくてホッでしたね

  5. ヒマワリ より:

    ベリーちゃんの見事な一本勝ち♪

  6. 29 より:

    ボスさんの匂いのするバッグで熟睡してたんですねw
    私の場合は一瞬ですが、あれ?いないと思ったら
    うちの子は黒が多いブリンドルで、黒い布団カバーの上にいたってのはよくあります

  7. るんちゃん より:

    ブヒちゃんたちは「ボス、シトリで何あわててんの?」と
    クールに思ってたかもね。そりにしてもベリーたんの超か~い~こと!
    ボス、よかったね。べりーたんいなくなったら、確かに慌てますね

  8. たんぽぽ より:

    箱入り娘ならぬバッグ入り娘ですね。
    いつも賑やかなベリーちゃんも
    寝ている時は静かですからね。
    豪快ないびきでもかいてくれれば
    苦労はなかった事でしょうに。

  9. きゃら より:

    ぼくも時々、いなくなるでゴンス。
      おとやんが、血相変えて探してるけど、大抵は、クッションの下にいるのでゴンス。
    眠いと、返事するのもめんどうで。

    いつのまにかfukufukuさんで、Tシャツが出来てたんですね。
    またおかやんの目がキラ~ンと光ってるでゴンス。

コメントを残す

calendar
2018年6月
« 5月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  
profile
夏彦 クリックするとどんな顔?
TOTAL:
TODAY:
YESTERDAY:
Pet Linksへ
search this site
recent entries
archives
Recent Comments
links
others
design customized

札幌 ホームページ制作 カーバンクル


このページの先頭へ